20代でMRに転職して30代で年収1,000万円と笑顔を手に入れよう!

やさしいMR転職

業界最大手で転職実績ナンバーワン!
非公開の求人案件数もダントツに多いリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

MRへ転職

MR転職のあるある話!転職前に知っておくべき「あるある」とは?

投稿日:2017年12月29日 更新日:

MR転職のあるある話

MRの転職に限らず、転職には「あるある」話がつきものです。

自分の中では事前調査も行なって、それなりに成功した転職だと思っていても、転職してしばらく経った後

「こんなはずじゃなかった!」

と後悔するような「あるある」話はよくあります。

今回の「あるある」特集は、MRの転職で実際に起こり得る「あるある話」を寄せ集めてみました。

MRの転職におけるよくある「あるある」をお伝えしますので、あなたのMRの転職活動に後悔のないよう役立ててくださいね。

 

現役MRが転職するときの「あるある」

内資系MRが外資系MRに転職の「あるある」

外資系MRに転職

内資系のMRが、外資系のMRに転職するときには、結構「あるある」話がつきものです。

内資系のMRが、外資系のMRに転職する場合

  • 今よりも年収をアップさせたい
  • 自分のキャリアをアップさせたい
  • 自分の実力を実績主義の中で試してみたい

というような、「かなり前向きな転職のパターン」が多い傾向があります。

ただ中には、そこまでキャリアアップを目指しているわけではなく、

「何となく求人案件があったから、たまたま外資系のMRに転職してしまった」

という人がいるのも事実です。

こういう人は、外資系のMRに転職して

「こんなはずじゃなかった!」

と、転職先の外資系の雰囲気に違和感を感じて後悔する人もいます。

特に内資系企業にどっぷりつかってきたMRの場合、外資系に転職したら、想像していたよりも個人主義が強く、仲間意識が低いという印象を持つかもしれません。

MR太郎
外資系のMRの中には、売上の実績主義が強すぎて、「同僚を蹴落としてでも上に上がりたい!」というツワモノもいることも事実です。

家族主義的な内資系企業の雰囲気に慣れ育ってきたMRの場合、外資系企業の文化に対するギャップが大きく、外資系のノリについていけないことも実際に「あるある」話です。

 

外資系MRが内資系MRに転職のあるある

内資系MRに転職

今度は逆に、外資系のMRが、内資系のMRに転職した場合の「あるある」話です。

外資系の製薬企業で勤務していたMRが、

  • 内資系の雇用に対する安定性
  • 世間で名前の知られている会社名

に憧れて、内資系のMRに転職するときの「あるある」です。

実際には、内資系企業だからといって「終身雇用」であるわけではないですし、また、世間で名前が知られている企業だからといって、必ずしも良い会社とは限りません。

そんな中、漠然とした「安心感」を求めて内資系MRに転職する場合の「あるある」です。

一般的に内資系企業の場合、外資系の文化と一番異なる点は、内資系企業は「年功序列」や「社歴主義」の考え方が強いという点です。

僕は、内資系も外資系も両方経験したことがありますが、これはホントに言えることです。

「年功序列」や「社歴主義」が必ずしも悪いわけではありませんが、外資系のMRとして長い間外資系の雰囲気に慣れ親しんできた人の場合、内資系の雰囲気にかなり違和感を感じると思います。

特に、あまり中途採用を行なっていない内資系の企業に転職すると、「その企業独特の文化や習慣」に馴染めず、「自分がよそ者である感」を感じてしまいます。

「実績主義である外資系企業の文化」から「年功序列や社歴主義の内資系企業の文化」に転職するわけですから、違和感を感じて当然です。

また、外資系企業に比べると、内資系企業の場合は、

  • 意思決定を行うのに必要なハードルが多い
  • 物事を決めるまでに時間が掛かる

という傾向があります。

すべての内資系企業がそういうわけではありませんが、次々と新しいことに取り組むことが多かった外資系MRから見ると、「内資系企業は新しいことにチャレンジすることが少ない」というイメージを持つことが多いです。

何となく憧れて内資系MRになったのに、あまりにも退屈すぎて、また外資系MRに戻っていくという人も、僕の周りにいるのも実際のあるある話です。

MR太郎
外資系企業と内資系企業の文化の違いは必ずあります。転職する前にしっかりと情報収集をして、自分はどちらの方が適しているのかをよく考えてから転職してくださいね。

 

大手製薬企業のMRの転職「あるある」

大手製薬企業のMR

大手製薬企業一本でやってきたMRの転職に関するあるある話です。

大手製薬企業を辞める場合、早期退職なのかキャリアアップなのか理由は様々だと思いますが、大手製薬企業のMRを勤めてきた人の傾向として多いあるある話は、プライドが高すぎて、他の製薬企業を見下してしまっているということです。

「自分は、誰もが知っている大手製薬企業に勤めていたんだ!」

というプライドが強すぎて、中小規模の製薬企業のことを見下してしまっているのです。

こういう態度は、転職活動における面接の姿勢に出てしまうので、相手の面接官にはすぐ分かります。

大手製薬企業一本でやってきたMRの場合は、今まで自分が担当していたエリアで、相手にもしていなかった「弱小製薬企業」を心の中で見下してしまっているのです。

MR太郎
こういう人は、自分が「早期退職か何かの理由で転職せざるを得ない状況」になっているという理解が浅く、気持ちの切り替えができていない困ったパターンですね。

また、大手製薬企業から転職する人の面接でありがちなのは、福利厚生や転勤の頻度、いろいろな諸手当のことばかり質問してしまい、

「御社で一から頑張っていきます!」

という気持ちが見えないパターンです。

こういう人は、「何社か面接で落ちてから初めて自分の立場に気づく」ということになります。

大手製薬企業から転職を考えている人は、こんな「あるある」にならないように気をつけてくださいね。

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

40代から50代のMR転職「あるある」

40代から50代のMR

40代~50代のMRの転職は、非常に厳しいのが現実です。

自分の転職市場における価値を把握しながら、多少の妥協も考えなければならない年齢層です。

ところが、40代~50代のMRの中には、今まで自分が先発品の製薬企業にいたというプライドから

「転職先は、何が何でも先発品メーカー!」

というこだわりを持っている人がいます。

今までやってきた先発品メーカーとしてのMRのプライドがあり、

「コントラクトMR、後発品MR、医療機器の営業はイヤだ!」

というこだわりです。

でも正直な話、40代~50代の年齢層で「先発品メーカー」へ転職するのは至難の業なのです。

40代~50代の転職市場の現実を理解していない「あるある」MRですね。

年齢的に先発品メーカーのMR求人案件がないのに、いつまでもこだわってしまい、転職エージェントの担当者を困らせてしまいます。

  • 「自分はまだまだやれる!」
  • 「こんなに実績を作ってきた!」
  • 「昔はこんな成功例もあった!」

という自負があるMRほど、プライドが高すぎて、「なかなか現実を受け入れようとしない傾向」があります。

これが40代~50代のMRの転職のあるある話です。

あなたが40代~50代の場合には、次の記事が参考になります↓↓↓

参考に!
40代MR経験者の転職の成功法則
40代MR経験者の転職の成功法則!40代の年齢の壁を突破する方法

40代の転職はどの業界も厳しいと言われていますが、40代のMR経験者の転職ももれなく厳しいです。 ただ、転職することは決して無理な話ではないので、「40代だから無理」と言って諦めてしまうのはまだ早いで ...

続きを見る

こちらも!
50代MR経験者の転職術
50代MR経験者の転職術!ベテランMRの賢い選択と守るべき鉄則

50代のMR経験者の転職の場合は、 「キャリアアップしたい」 「キャリアプランを描きたい」 といったような、将来がどうのこうのという「聞こえのいい転職」ではなくて、「早期退職」とかの切羽詰った転職が多 ...

続きを見る

 

未経験者がMRに転職するときの「あるある」

後発品MRへの転職の「あるある」

後発品MRへの転職

MR未経験者が、後発品メーカーのMRに転職するときの「あるある」話です。

業界未経験者が、どうしても製薬企業のMRになりたくて転職活動を進めても、なかなか製薬企業に入れずに、妥協の末に、結局「後発品メーカーのMRになってしまう」ことがあります。

参考
後発品メーカーとは、特許が切れた医薬品を「ジェネリック医薬品」として販売するメーカーのこと。

正直な話、一度後発品メーカーのMRになってしまうと、後発品メーカーから先発品メーカーのMRに転職するのは、かなり難しいというのが現状です。

また、後発品メーカーは、「どこまで行っても後発品メーカー」なので、後発品メーカーが「急に新薬の開発を始めること」は絶対ないと思ってください。

MR太郎
つまり、後発品メーカーのMRに一度転職してしまうと、「後発品メーカーの業界からずっと抜け出せない」という状況になるのです。これホント!

世間から見ると、テレビの宣伝や国が方策で、後発品(ジェネリック医薬品)に対するイメージは決して悪くないですし、薬剤に関する患者負担も減るので社会貢献という意味では「後発品」の意義は大きいです。

ただ、「MR」という仕事に焦点を当てると、「後発品メーカーのMR」と「先発品メーカーのMR」の仕事の幅は、かなり大きな違いがあります。

特に、実際に後発品メーカーのMRとして現場に出てみると、先発品メーカーのMRとの立ち位置の違いにある大きなギャップを痛いほど感じることになります。

病院の医師からの対応は当然のこと、卸のMSからの対応も、先発品メーカーとのギャップを感じるはずです。

また、後発品は、先発品の特許切れと同時に、同じ後発医薬品を何社も揃って同時に発売するので、営業的には価格重視の面が大きいです。

後発品メーカーによっては、「製剤の工夫」とか「医師とのコミニケーション」という謳い文句で、他の後発品メーカーとの差別化を図ろうとしていますが、やはり、価格面による競争が大きいことも事実です。

従いまして、後発品メーカーのMRでは、何年勤めても「専門性の高いMR」になることは難しいと言え、次のキャリアアップへの道が狭くなってしまうわけです。

ですので、あなたがMR未経験者で、まだ20代~30代前半ならば、

  1. まずは「先発品メーカーのMR」を第一候補
  2. 抑えとして「コントラクトMR」
  3. 「後発品メーカーのMR」は最終手段

という作戦で転職活動をするのが賢い選択です。

 

MRを甘く見ていた「あるある」

MRを甘く見ていた

未経験者がMRに転職してよく聞くあるある話です。

異業種からMRに転職してくる人が、MRは「自社の医薬品の情報提供のみが仕事である」と思い込んでいる場合の「あるある」です。

確かにMRの仕事は「自社の医薬品の情報提供」なのですが、実際にはMRは「営業職」ですし、思いのほか「しんどい」と感じることも多い営業ですよ。

MR業界の外から見ると、

  • MRは飲食の接待もなければ、休日のゴルフ接待もない
  • 医薬品に関する情報提供だけでよい
  • 何となく楽な営業

というイメージがあります。

実際に、MRの営業はそのイメージ通り「営業の職種の中では比較的キレイな営業」と言えます。

ただ逆にいうと、それだけ競合会社のMRと差別化がしづらいのも事実です。

さらに、プロモーションコードや公正競争規約などの縛りによって、営業の行動について制約が多いので、個人個人の本来の営業力による差別化が難しい職種でもあります。

MRの営業としてできることは、とりあえず「一生懸命、担当施設にまわる」ぐらいしかできないといっても言い過ぎではないです。

また、医薬品は、その製剤自体の効能効果や有効性について、ある程度「製品力」で決まってしまう部分も大きいので、MRの営業は、自分の力ではどうにもならない部分もあるとも言えます。

未経験者が「MRに転職してバリバリ営業をやろう!」と思っていたら、あまりに細かい制約が多すぎて「MRの営業がつまらない」と感じてしまう人も少なくありません。

 

医療業界への転職「あるある」

医療業界への転職

MR未経験者が医療業界で初めて転職するときに感じる「あるある」話です。

多くの業界の営業職は、「お客さんよりも営業担当者の方が知識が詳しい」という構図が成り立っています。

だいたいどこの業界も、お客さんが分からないことについて、専門的な立場から分かりやすく説明をしてあげて信頼を勝ち取るという仕事が「営業」の立ち位置であることが多いですよね。

ところが、医療業界は全く逆でお客である医師の方が専門知識が上なのです。

仮に、自社品の医薬品の知識についてはMRの方が詳しく知っていたとしても、その治療薬に関わる疾患の知識や関連する医学知識や医療経験は、医師の方が確実に上なのです。

ですので医療業界では、常に「医師」が業界のピラミッドの頂点に君臨していて、「MRが医師の上の立場になる」なんていうことは200%ありません。

このような「営業」の立ち位置について、別の業界から転職してきたMRの中には、

  • 「医療業界はおかしい」
  • 「医師に必要以上にペコペコするのがくだらない」
  • 「あまりにも理不尽な医師に腹が立つ」

という結論になって、MRをやめていった人も僕の周りにいるのも事実です。

また、MRのパートナーである「卸のMS」の中には、残念ながらMRに対して横柄な態度を取るMSもいて、

「卸のMSの態度がデカすぎてやってられない」

とか言って、また転職していく人も実際に見てきました。

MR未経験者が、このような「あるある」にならないためには、MR業界について事前によく情報収集しておくことが大切です。

 

転勤がないMRの転職「あるある」

転勤がないMR

続いては、「転勤がないMR」への転職での「あるある」話です。

転職したときの最初の条件が「転勤がないMR」だったのに、入社してしばらく経ったら転勤を命じられてしまうという「あるある」です。

製薬企業によっては、入社採用時に「エリア限定」と言いながら、数年後に会社の方針や組織体制が変わってしまい、残念ながら転勤させられてしまう「あるあるパターン」です。

MRは「全国エリアをカバーしている仕事」ですので、「一生絶対に転勤がない」という方が、そもそも有り得ないと思っておいてください。

将来、会社の方針が変わったりして、勤務地限定の制度がなくなってしまった・・・という話は、あったとしてもおかしな話ではありません。

ましてや、製薬企業同士の合併や子会社化などがあった場合は、昔の会社の入社時の約束なんて、ほとんど意味をなさないのが現実ですよね。

MR経験が長い人だと、このような現実的なパターンを周りで見てきているので、「MRは転勤がそもそもあるものだ」と思っているのですが、異業種からきたMR未経験者の場合は、「転勤がないMR」という謳い文句を鵜呑みにしてしまいます。

これもMR未経験者に意外に多い「あるある」話です。

また、地域限定のコントラクトMRに転職するケースでも、将来、会社の事情が変わって「転勤」させられる可能性はありますので、その点は心の中に腹づもりしておいてくださいね。

コントラクトMRは、あくまでも派遣依頼先の製薬企業の都合が第一ですので、

「私は〇〇県内じゃないと嫌です!」

なんてことを言っていると、仕事がなくなってしまい、契約終了になってしまうこともあります。

あと、地域限定のコントラクトMRへ転職する場合でも、最初から少し広いエリアでの勤務を想定しておいた方が良いです。

MR太郎
地域限定のコントラクトMRでも、あまりにも勤務希望の地域がピンポイント過ぎる人はNGですよ。

採用する会社側としたら「MR未経験者なのに勤務希望の地域がピンポイント」だと極めて扱いづらいです。

ちなみに、MRに転職する際に「失敗した!」と後悔しないためには、次の記事を参考にしてみてください↓↓↓

要チェック!
MRの転職で失敗した
MRの転職で「失敗した!」と後悔しないためのMR転職の成功法則

「ヤバイ!今回の転職は失敗した~!」 と叫びたくなるほど転職した後に後悔することは、決して珍しい話ではありません。 僕は4回の転職経験があって、中には転職して「たったの1週間で」失敗した!と後悔したこ ...

続きを見る

 

まとめ

MR転職のまとめ

MRの転職に関するいろいろな「あるある」話を紹介しました。

MR未経験者がMRに初めて転職する際の「あるある」もあれば、MR経験者だからこその「あるある」もあります。

いずれの「あるある」にも共通しているのは「こんなはずじゃなかった!」という「あるある」であるということです。

そして、このような「あるある」に行き着いてしまう原因の多くは、転職する際の事前の情報収集不足や、今までの経験による思い込みですね。

ですので、今回紹介したような「あるある」話にならないためにも、MRの転職の際は、転職エージェントに登録して、MRの転職市場に関する情報をしっかりと収集することが大切です。

転職エージェントへの登録は無料ですので、転職エージェントへ登録して、担当者にいろいろ相談するのがベストなMR転職における成功法則です。

記事下リクルートエージェントの詳細へ

 

もしもいまの仕事に悩みがあるなら

「いまの仕事がくだらなくて、マジでつまらない!」

「給料が安すぎる!年収をもっとアップさせたい!」

「いまの営業では何もスキルが身につかない!」

あなたはいまの仕事に“悩みや不満”をかかえていませんか?

いまの環境にいるかぎり、おそらく来月も来年も・・・

その悩みや不満が消えることはありません!

むしろ悩みや不満は日に日に大きくなっていくことの方が多いですよね。

「いまの仕事をこの先もつづけたくない!」

そんな不満は“転職すること”で解決することがあります。

そして転職を成功させるためには、“転職エージェント”への登録は必須です!

転職エージェントは間違いなく、あなたの転職活動を有利に導いてくれます。

僕はいままで4回の転職活動で10社以上の転職エージェントに登録してきました。

その体験からガチでイチオシの転職エージェントは・・・

たったの1つ!

それは業界最大手のリクルートエージェント。

あなたがMRに転職するならリクルートエージェントに登録するのが一番の近道です。

実績No.1
リクルートエージェント
リクルートエージェントでMRに転職して笑顔の自分を取り戻そう!

「転職エージェントはいったいどこを使ったらいいんだろう?」 「やっぱり転職はリクルート系がいいって聞いたけどホント?」 「MRへ転職する場合もリクルートエージェントがいいのかな?」 あなたはこのような ...

続きを見る

あなたも20代のうちにMRに転職して、30代で年収1,000万円を手に入れよう!

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

  • この記事を書いた人
MR太郎

MR太郎

新卒で就職した会社は100名ぐらいの中小企業で、超安月給のダメ営業マンでした。 その後、製薬会社に転職してMRになったら年収が一気にアップ。 とくに営業成績がよいわけではなく、目立った実績もないのに、わずか33歳で年収1,000万円プレーヤー。 詳しいプロフィールはこちら

よく読まれている人気記事

MRの年収はなぜ高い 1

「MRの年収って、めっちゃ高いって聞いたんだけど!」 「30代でもMRなら年収1000万円ってホント?」 「なんでMRの年収はそんなに高いの??」   はい、そうなんです。 MRの年収ってか ...

MRの将来性 2

「MRの数って、最近減ってきてるって聞いたけどホント?」 「インターネットによる情報提供が増えて、MRは将来無くなっちゃうの!?」 「MRへの転職に興味があるんだけど、10年後や20年後の将来が不安で ...

製薬会社のランキング 3

「MRに興味があるんだけど、製薬会社のランキングってどうなっているんだろう?」 「MRへの転職を考える前に、どこの製薬会社がいいのか知っておきたいな・・・」 「いったいどこの製薬会社が、将来性が高いん ...

MRの仕事内容と1日の仕事の流れを徹底解説 4

「MRの仕事ってどんな内容なの?」 「MRの人ってどんな1日を送っているの?」 「MRの仕事に興味があるんだけど、業界のことがよくわからない・・・」   MRの仕事は“医薬品の営業”ってこと ...

MR資格の取り方と認定試験の難易度 5

「MR資格ってどんな試験なの?難しいの?」 「MR資格を受けるのに受験資格は?」 「MR資格を取ると転職に有利ってホント?」 MR未経験者の場合、“MR資格”がどんなものなのか、よくわからないことがあ ...

-MRへ転職

Copyright© やさしいMR転職 , 2020 All Rights Reserved.