20代でMRに転職して30代で年収1,000万円と笑顔を手に入れよう!

やさしいMR転職

業界最大手で転職実績ナンバーワン!
非公開の求人案件数もダントツに多いリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

MRへ転職

MRへの転職年齢はいくつまで?MR経験者の場合と未経験者の場合

投稿日:2017年12月13日 更新日:

MRに転職できる年齢はいくつまで

  • MR経験者が別の製薬企業のMRに転職したい!
  • 未経験者がMRに転職したい!

という場合に、年齢はいくつぐらいまでなら大丈夫なのだろうか?という疑問にお答えします。

「転職したいけど年齢制限があってダメなんじゃないか?」

とお悩みの方へ、20代、30代、40代、50代の年代別に分けて、それぞれの年代におけるベストな「MRの転職成功法則」について紹介してみました。

MR経験者も未経験者も、年齢で諦めるのはまだ早いですよ!

 

MRの転職に年齢制限はあるのか?

MR転職に年齢制限はあるのか

年齢制限は比較的緩い

まず、MRの業界とは関係なく、転職市場の傾向として一般的に言えるのは、転職は年齢が若い方が有利だということです。

そして、この傾向はMRにも言える話です。

ただ、だからと言って、若くないと転職できないという訳ではありません。

どちらかというと、MR業界は、他の業界に比べると、「年齢の縛りに緩い業界」であると言えます。

それこそ、IT業界の「プログラマー」や「SE」に比べたら、はるかに年齢制限は緩いですよ。

MR太郎
MR業界は、他の業界に比べると、年齢による縛りはゆるい業界ですね。

 

とは言え若い方が有利

MR業界は転職の年齢制限が比較的緩いということをお伝えしましたが、とは言っても「年齢は若い方が有利」なことは確かです。

特に言えるのは、未経験者がMRになる場合は、明らかに若い方が有利ということです。

何歳までを若いと言うかはいろいろですが、この場では仮に「35歳まで」を「若い」と言うことにすると、この若い世代は「MRの転職市場における売り手市場である」と言えます。

具体的に言うと、年齢が25歳~35歳のMR経験者は、「かなり転職しやすい立場にある」ということです。

この世代のMR経験者は、製薬企業から見ても狙い目のゾーンです。

年齢が25歳〜35歳のMR経験者の特徴

年齢が25歳〜35歳のMR経験者の特徴

  • MR資格を持っているので、ゼロから研修する必要がない。
  • ある程度MR経験を積んできているので、比較的即戦力。
  • 医薬品や疾病の知識を持っているので、新しい知識への飲み込みが早い。

このようなメリットのある若いMR経験者は、求人をかける製薬企業にとってはめちゃくちゃ魅力的なのです。

 

20代の転職の場合

20代のMR転職

20代のMR経験者

20代のうちは、年齢をあまり気にすることなく、転職活動ができると思います。

特に20代のMR経験者が、年齢制限でNGを食らうことは、まずないでしょう。

あえて注意するなら、新卒で入社してすぐに転職しようとする場合ぐらいですね。

「この人は何か嫌なことがあったら、ウチの会社もすぐに辞めてしまうのではないか?」

と疑われてしまう可能性があるぐらいです。

この場合は、「すぐに転職に至った理由」をしっかりと相手が納得いくように説明できる準備が必要になります。

とは言うものの、20代のうちは年齢制限で引っかかることはないので、前向きにどんどん転職活動にチャレンジしていきましょう。

20代のうちは自分を高く売れるチャンスでもあり、20代のMR経験者の場合、転職を機に、

「年収が一気に100万円上がった!」

ということも珍しくありません。

 

20代なら未経験者でもOK

あなたがMR未経験者で、MRに転職しようとしている場合でも、20代であれば未経験者からでも選択肢の幅は広いです。

たとえMR未経験者だとしても、あなたの将来性やポテンシャルを重視して、「製薬企業に未経験からMRとして転職すること」は十分可能ですよ。

中には、他の業界での経験を活かした営業スキルを期待して、異業種からの未経験MR採用を積極的に進めている製薬企業もあります。

ただ、異業種からMRに転職する場合は、その業界での営業経験があったり、対人の販売経験がある方がほとんどですね。

MR太郎
20代で営業経験や販売経験があるのなら、MR未経験者でもどんどんチャレンジしてくださいね!

 

30代の転職の場合

30代のMR転職

30代になると、「若い世代」とひとくくりにできなくなってきます。

30代の場合は、ズバリ35歳が一つの境目です。

求人案件も「年齢は35歳まで」という条件が多いのも事実です。

  • 35歳までを「30代前半」
  • 36歳以上を「30代後半」

というように分けて話していきますね。

 

30代前半のMR転職活動

30代前半のMR経験者

30代前半であれば、「35歳まで」という枠の中にいるので、急激に求人案件が少なくなるということはありません。

とりあえず、20代の延長エリアにいるので、年齢制限で露骨にNGを食らうことはあまりありません。

もしもあなたがMR経験者なら、今まで残してきた自慢できる実績や輝かしい成功事例があれば、十分勝負できるはずです。

さらに「大学担当経験や特定の領域に精通しているような強み」があると、さらに間口は広がります。

 

30代前半のMR未経験者

あなたが、MR未経験の場合でも、30代前半なら、ギリギリ転職可能な範囲です。

ただこの場合は、他業種で積んできた「誰もが納得できる営業実績」が必要になります。

将来性やポテンシャルで採用される場合でも、30代の未経験者の場合はかなり厳しい目で面接されるので、その覚悟は必要です。

  • MRは未経験だけど、営業センスが抜群
  • MR業界に近いポジションにいた(卸のMSなど)

とかの、面接相手が納得できる何かが必要です。

 

30代後半のMR転職活動

30代後半、つまり年齢が36歳以上の場合は、転職活動の受け皿が急に狭くなる世代です。

「35歳と36歳で何が違うのか?」という気がしますが、ここはこういう状況を受け入れた上で、賢く転職活動していくのがベストですね。

30代後半のMR経験者

30代後半のMR経験者の場合は、あなたがいま担当しているエリアで、「何か飛び抜けた実績」が求められます。

「全国シェアでは競合品に負けているが、あなたが担当エリアで◯◯な対策をしたため、競合品よりシェアが高くなった」とか。

「大学病院の担当経験」も良いアピール材料になります。

また、特定の領域・・・例えば、

  • 中枢神経系
  • 希少疾患

など、求人をかけている製薬企業のニーズに合っていれば、十分転職できる可能性はあります。

 

30代後半のMR未経験者

30代後半でMR未経験者の場合は、正直言ってかなり苦戦します。

「絶対に転職できない」とまでは断言しませんが、MR未経験者の場合は、かなり難しいです。

もし、あなたが30代後半でMR経験が無いのなら、可能性の薄い製薬企業のMRを狙うのではなく、ちょっと路線を変えてみるのが得策です。

例えば、「医療機器の営業」です。

製薬企業ほど年収は高くありませんが、医療機器メーカーの年収もかなり高い方です。

同じ医療業界で、「十分将来性のある医療機器メーカー」もあるので、未経験者の場合は検討してみる価値はあります。

あと、後発品メーカーのMRも一つの選択肢です。

先発品を扱うことは無くなるので、どこまで妥協できるかにもよりますが、一応、MRとして活躍することができます。

ただ、「医療機器の営業」と「後発品メーカーのMR」を比較した場合、僕は「医療機器の営業」をオススメします。

「後発品メーカーのMR」は、正直なところ、将来性があまりありません。

30代のMR未経験者の転職戦略について詳しく紹介した記事がありますので、良かったら参考にしてみてください↓↓↓

要チェック!
30代未経験者のMR転職戦略
30代MR未経験者の転職戦略!30代で年収をアップさせる賢い選択

30代のMR未経験者が、MRに転職するための戦略を紹介します。 30代の場合は、「35歳」を境目に 30代前半 30代後半 に転職市場が分かれますので、「30代」とひとくくりにせず、「30代前半」と「 ...

続きを見る

 

40代の転職の場合

40代のMR転職

MR経験者が他社MRに転職するケース

40代の場合は、MR経験者でも転職が難しくなってきます。

40代のMR経験者が別の製薬企業のMRに転職するのは、あなた自身に「かなりのセールスポイント」が必要になります。

担当エリアでよっぽど目立つ実績を上げて、そのエリアの他社MRからスカウトされれば別ですが、現実的にはなかなか難しいです。

また、40代の年齢層の場合は、一人の担当MRとして転職するというよりは、MRの管理職として転職するケースの方が多いです。

比較的大手の製薬企業の管理職にいた人が、中小規模の製薬企業の管理職に転職するパターンは珍しくはありません。

あるいは、あなたがまだ現場の担当MRだとしても、チームリーダーや課長補佐ぐらいの経験はあるはずです。

こういった経験をもとに、

  • 後発品メーカーの管理職
  • 医療機器メーカーの管理職

に転職するパターンもよくあります。

ただ、場合によっては、「40代のMR経験者の転職は、多少条件が下がることがある」と思っておいてください。

ですので、条件が下がる場合は

  • そこまでして転職したいのか?
  • やっぱり転職せざるを得ないのか?

について、じっくりと考えてくださいね。

40代のMRが転職する場合は、次の記事を参考にしてください↓↓↓

必見!
40代MR経験者の転職の成功法則
40代MR経験者の転職の成功法則!40代の年齢の壁を突破する方法

40代の転職はどの業界も厳しいと言われていますが、40代のMR経験者の転職ももれなく厳しいです。 ただ、転職することは決して無理な話ではないので、「40代だから無理」と言って諦めてしまうのはまだ早いで ...

続きを見る

 

40代未経験者が転職するケース

40代の場合は、MR経験者でも転職が難しいレベルのですので、正直、全くの未経験者がMRに転職するのは、年齢的に無理です。

あなたがもし40代でMR未経験者なら、残念ですが「MRへの転職」は諦めてくださいね。

ただ、40代の未経験者の場合は、MRに転職するのは難しいですが、医療業界に転職することは不可能ではありません。

MR以外にも、医療業界に転職できる道はありますので、40代の未経験者はこちらの記事を参考にしてみてくださいね↓↓↓

おすすめ!
40代の未経験者がMRに転職
40代未経験者がMRに転職できる方法は?40代未経験者の転職戦略

今回の話は、「40代のMR未経験者だけれども、MRに転職したい!」という「チャレンジングなあなた」に向けたお話です。 MRに転職して 年収をアップさせたい! キャリアアップの道を進みたい! という考え ...

続きを見る

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

50代の転職の場合

50代のMR転職

50代の転職はかなり大変だ

50代の場合のMRの転職は基本的にかなり難しいです。

未経験者のMRへの転職案件は、間違いなく無いです。

そもそも、未経験者で50代になってからMRに転職する方はいないと思いますが。。。

通常、製薬企業の中でも50代となると、早期退職だ何だという年齢層なので、ましてや、50代の現場MRを外部から採用することは滅多にないということです。

管理職か本社勤務系

50代のMR経験者がMRとして転職する案件はなかなかないのが現実です。

では、50代の方は全くチャンスがないのかというと、そんなことはありません。

50代となると、今いる製薬企業で管理職やマーケティング、プロダクトマネージャーなどを経験している人もいるはずです。

もし、あなたにこういった経験があるならば、他の製薬企業に転職できる可能性はあります。

特に外資系の製薬企業なら、「英語が話せて、海外の本社ともテレカンをこなせる」なんていう場合は、タイミングが合えば十分転職できる可能性があります。

ただ、50代の転職の場合は、そもそも求人が少ないので、

  • 転職案件があればラッキー
  • 書類選考を通過したら超ラッキー

ぐらいの感覚で、長期戦で転職活動していくことになります。

50代のMRが転職する場合は、次の記事を参考にしてみてください↓↓↓

参考に
50代MR経験者の転職術
50代MR経験者の転職術!ベテランMRの賢い選択と守るべき鉄則

50代のMR経験者の転職の場合は、 「キャリアアップしたい」 「キャリアプランを描きたい」 といったような、将来がどうのこうのという「聞こえのいい転職」ではなくて、「早期退職」とかの切羽詰った転職が多 ...

続きを見る

 

年齢制限はないが選択の幅は狭くなる

年齢と選択の幅

製薬企業のニーズと案件のタイミングもある

20代から50代までのそれぞれの年齢層におけるMR経験者と未経験者のMR転職事情についてお伝えしました。

転職はあなたの職業選択の自由なので、必ずしも年齢制限があるわけではありません。

ただ、年齢が上がるにつれて、転職案件の選択の幅が狭くなるのも事実です。

また、年齢が高くても、

  • 40代には「40代に適したニーズ」
  • 50代には「50代に適したニーズ」

があります。

さらにそういったニーズは、常に求人案件があるわけではなく、タイミング次第で案件があったりなかったりします。

ですので、年齢が気になる世代の場合は、転職活動は長期的に構えて、あらゆる情報を集めて可能性を模索していきましょう。

 

転職活動は必ず在籍中にやる

ここで少し注意点です。

転職活動は必ず在籍中にやってくださいね。

これはMR経験者も未経験者も同じです。

「今の仕事が忙しいから、いったん退職してじっくりと転職活動を・・・」

なんてことは絶対に考えてはいけません。

退職後の転職は、めちゃくちゃリスクを伴います。

特にあなたの年齢が高い場合、退職してから転職活動をするのは、かなり危険ですよ!

年齢が高い場合、「今の年収が高い+貯金がたくさんある」という状態なので、「何とかなるだろう」と安易に考えてしまいがちです。

でも、いったん会社を辞めてしまうと「無職」扱いで、大学の浪人生とは全く違います。

企業の眼は案外冷たいので、「いい歳して計画性がない」と思われてしまいます。

あるいは、

「会社で居場所が無くなって、リストラされたのではないか?」

と思われてしまいます。

MR太郎
「明日辞めたい!」「いやっ、今日辞めたい!」という気持ちは分かりますが、ここは我慢しつつ、現職と並行しながら転職活動を進めてくださいね。

 

年齢だけで決まるわけでもない

年齢だけではない

年齢が高くなるにつれて、転職活動が厳しくなっていきますが、だからと言って、自分の年齢をネックと考えて諦めないでくださいね。

企業の採用は、決して年齢だけで決まるわけではありませんから。

本人の適性やその会社が欲しいと思う人材であれば、年齢の壁を超えて採用になることはよくある話です。

特に外資系では、「ベテラン大学担当者やエリアをマネージメントできる人」をスポットで急募することも珍しくはありません。

「希少性疾患のMR」の募集も同様です。

年齢とともに選択の幅は狭まりますが、ニーズがないわけではないので、ある程度の妥協点を持ち、根気よく転職活動にチャレンジしてみてくださいね。

MR太郎
実際に40代でも、50代でも転職に成功している人を僕は何人も見てきました。ちなみに僕も40代で転職をしています(笑)

 

まとめ

MR転職のまとめ

MRの転職における年齢層別の転職市場の状況をお伝えしました。

  • 20代はイケイケで転職。
  • 30代はそれまでの経験を生かした転職。
  • 40代と50代はじっくりと腰を据えて長期的な転職活動。

そんなイメージですが、こればっかりはお見合いと同じで「運や縁」もありますね。

そして、そういった「運や縁」に出会えるためには、なるべく多くの転職案件の情報を収集することが一番の得策です。

そして、転職案件の情報収集のためには「転職エージェントに登録すること」が一番確実です。

転職エージェントに登録することで、あなたの知らなかったいろいろな求人案件を紹介してもらうことが可能です。

転職エージェントに登録して、「年齢の壁を越えるような転職」に成功してくださいね。

 

記事下リクルートエージェントの詳細へ

 

もしもいまの仕事に悩みがあるなら

「いまの仕事がくだらなくて、マジでつまらない!」

「給料が安すぎる!年収をもっとアップさせたい!」

「いまの営業では何もスキルが身につかない!」

あなたはいまの仕事に“悩みや不満”をかかえていませんか?

いまの環境にいるかぎり、おそらく来月も来年も・・・

その悩みや不満が消えることはありません!

むしろ悩みや不満は日に日に大きくなっていくことの方が多いですよね。

「いまの仕事をこの先もつづけたくない!」

そんな不満は“転職すること”で解決することがあります。

そして転職を成功させるためには、“転職エージェント”への登録は必須です!

転職エージェントは間違いなく、あなたの転職活動を有利に導いてくれます。

僕はいままで4回の転職活動で10社以上の転職エージェントに登録してきました。

その体験からガチでイチオシの転職エージェントは・・・

たったの1つ!

それは業界最大手のリクルートエージェント。

あなたがMRに転職するならリクルートエージェントに登録するのが一番の近道です。

実績No.1
リクルートエージェント
リクルートエージェントでMRに転職して笑顔の自分を取り戻そう!

「転職エージェントはいったいどこを使ったらいいんだろう?」 「やっぱり転職はリクルート系がいいって聞いたけどホント?」 「MRへ転職する場合もリクルートエージェントがいいのかな?」 あなたはこのような ...

続きを見る

あなたも20代のうちにMRに転職して、30代で年収1,000万円を手に入れよう!

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

  • この記事を書いた人
MR太郎

MR太郎

新卒で就職した会社は100名ぐらいの中小企業で、超安月給のダメ営業マンでした。 その後、製薬会社に転職してMRになったら年収が一気にアップ。 とくに営業成績がよいわけではなく、目立った実績もないのに、わずか33歳で年収1,000万円プレーヤー。 詳しいプロフィールはこちら

よく読まれている人気記事

MRの年収はなぜ高い 1

「MRの年収って、めっちゃ高いって聞いたんだけど!」 「30代でもMRなら年収1000万円ってホント?」 「なんでMRの年収はそんなに高いの??」   はい、そうなんです。 MRの年収ってか ...

MRの将来性 2

「MRの数って、最近減ってきてるって聞いたけどホント?」 「インターネットによる情報提供が増えて、MRは将来無くなっちゃうの!?」 「MRへの転職に興味があるんだけど、10年後や20年後の将来が不安で ...

製薬会社のランキング 3

「MRに興味があるんだけど、製薬会社のランキングってどうなっているんだろう?」 「MRへの転職を考える前に、どこの製薬会社がいいのか知っておきたいな・・・」 「いったいどこの製薬会社が、将来性が高いん ...

MRの仕事内容と1日の仕事の流れを徹底解説 4

「MRの仕事ってどんな内容なの?」 「MRの人ってどんな1日を送っているの?」 「MRの仕事に興味があるんだけど、業界のことがよくわからない・・・」   MRの仕事は“医薬品の営業”ってこと ...

MR資格の取り方と認定試験の難易度 5

「MR資格ってどんな試験なの?難しいの?」 「MR資格を受けるのに受験資格は?」 「MR資格を取ると転職に有利ってホント?」 MR未経験者の場合、“MR資格”がどんなものなのか、よくわからないことがあ ...

-MRへ転職

Copyright© やさしいMR転職 , 2020 All Rights Reserved.