20代でMRに転職して30代で年収1,000万円と笑顔を手に入れよう!

やさしいMR転職

業界最大手で転職実績ナンバーワン!
非公開の求人案件数もダントツに多いリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

MRの年収

最新!MRの年収ランキング!年収1000万円以上はこの製薬会社

投稿日:2018年4月5日 更新日:

MRの年収はなぜ高い

「MRの年収って、めっちゃ高いって聞いたんだけど!」

「30代でもMRなら年収1000万円ってホント?」

「なんでMRの年収はそんなに高いの??」

 

はい、そうなんです。

MRの年収ってかなり高いんです!

30代でも年収1000万円プレイヤーが普通にいる世界。

驚きですよね!

 

こんにちは!

MR経験10年以上のMR太郎です。

自分の経験上、MRならホントに30代で年収1000万円に手が届きます。

正直な話、MRには“給料が安くてお金に困る”という悩みは一切ないですよー!

さらに大手の製薬会社では、“会社の平均年収”が1000万円を超えているところも普通にあります!

MRの年収は、めちゃくちゃ高い!

 

ということで今回は、MRの年収についてつぎのような話を紹介していきますね。

  1. 製薬会社の各社の平均年収は?
  2. MRの年収はなんで高いの?
  3. MR年収のモデルケースキャリアアップは?

MRの年収について実際の話を紹介しながら、最新の年収事情を解説していきますね。

製薬会社の各社の年収については、トップ20社の平均年収を紹介します。

なので気になっている製薬会社のMRの年収をイメージすることができますよ。

この記事を読むことによって、つぎのようなことが理解できます。

この記事を読むと

  • どこの製薬会社の年収が高いのかがわかる
  • MRの年収の高い理由がしっかりとわかる
  • 職業でこんなにも人生が変わってしまうということがわかる

MR未経験者の異業種のあなたにもわかるように解説していくので、最後まで読んでみてくださいね。

それでは行ってみましょう!

 

MRの平均年収

MRの平均年収

製薬会社の平均年収トップ20

まずは製薬会社の平均年収トップ20について紹介します。

平均年収のデータは、各社が公開している有価証券報告書をもとに集計しました(2018年4月5日更新データ)。

順位製薬会社平均年収平均年齢従業員数
1第一三共1,133万円43.4歳14,818人
2大塚HD1,076万円44.3歳32,817人
3アステラス製薬1,073万円42.6歳16,895人
4エーザイ1,038万円44.3歳10,525人
5武田薬品工業1,015万円40.4歳29,900人
6中外製薬953万円42.6歳7,372人
7塩野義製薬928万円41.7歳5,226人
8田辺三菱製薬901万円44.6歳7,209人
9小野薬品工業896万円40.9歳3,420人
10大日本住友製薬852万円41.7歳6,529人
11大正製薬HD843万円45.6歳6,412人
12協和発酵キリン836万円42.5歳7,532人
13ツムラ823万円43.7歳3,460人
14持田製薬812万円41.7歳1,713人
15参天製薬812万円42.0歳3,756人
16科研製薬809万円39.1歳1,425人
17キョーリン製薬HD801万円40.1歳2,378人
18キッセイ薬品工業789万円40.8歳1,938人
19日本新薬758万円40.7歳1,946人
20鳥居薬品740万円38.4歳1,074人

※ 従業員数はグループ会社連結人数。ホールディングスは、ホールディングス社の年収データ。

見ての通り製薬会社の年収はやはり高いですね!

上位5社は、いわゆる「大手製薬会社」と言われているところです。

しかも上位5社はすべて平均年収1,000万円以上!

会社の平均年収ですよ!

MRの平均年収1000万円以上

MR太郎
これはヤバいっす・・・

さらに補足するとこの平均年収は、“製薬会社の全社員の平均”なので、MRだけでなく開発・研究・工場の社員も含めた平均年収です。

MRの給与は、開発・研究・工場の社員よりも平均的に高いので、この平均年収よりさらに高くなります!

あと年収とは直接関係ない話ですが、このデータから言えることは、“どの会社も平均年齢が40代前半だ”ということです。

これは「新卒から定年組まで」幅広い年齢層の人材で構成されている証拠ですね。

すぐに辞めていく人が多い会社の場合、平均年齢が30代とか若くなりがちです。

でもこのデータを見る限り、「どの製薬会社も比較的社員が定着している」ということが言えますね。

つまり製薬会社には“ブラック企業が少ない”ということです。

まとめてみると・・・

製薬会社の特徴

  • 平均年収が高い
  • さらにブラック企業が少ない
  • そして社員が安定して定着している

ということですね。

※「製薬会社の平均年収トップ20」の表の補足
MRを持たない創薬専門の製薬会社(そーせい、シンバイオ製薬、アンジェス、サンバイオ、生化学工業)は外しています。
臨床検査薬のメーカー(栄研化学など)も外しています。

 

他業種と比べてどうなのか?

MRの他の業種と比べてどうなのでしょうか?

ちなみに・・・

日本のサラリーマンの平均年収は421万円程度(※)です。

「国税庁平成28年分民間給与実態統計調査結果について」より引用。

なので製薬会社によっては、MRの平均年収はサラリーマンの平均年収の2倍以上!

MRの平均年収はサラリーマンの2倍

やはりMRの年収はかなり高いです!

しかも東洋経済新報社のデータでは、全国の生涯給料が高い会社50社に中に製薬会社が6社も入っていました。

生涯給料「全国トップ500社」ランキング(東洋経済新報社)より

“全業種を含めた”生涯給料が高い会社の話なので、他業種と比べてもMRはかなり年収が高いと言えますね。

 

MRの年収のモデルケース

MRの平均年収がズバ抜けて高いことを紹介しました。

つづいてMRの役職別の年収について解説したいと思います。

紹介するデータは、自分が大手製薬会社でMRをやっていたときの想定年収です。

下の表は想定される年代と役職に対応するMRの年収レンジ。

年代役職年収
20代前半新人MR450~550万円
20代後半主任600~800万円
30代前半係長800~1,000万円
30代後半課長代理1,000~1,200万円
40代前半課長、所長1,200~1,500万円
40代後半~部長1,500~2,000万円

新卒で入社して20代半ばを越えたあたりから、年収が600万円に到達します。

30代に入ると年収800万年円台になって、30代半ばを過ぎたあたりから年収1000万円プレーヤーになっていく感じです。

ちなみに大手の内資系の製薬会社では、同世代にそれほど給与に差をつけません。

なので多くのMRは、“30代で年収1000万円”が達成されるのです。

40代に入ると一部のMRは管理職となり、さらに年収は上がっていきます。

課長、所長クラスになるとかなりの高収入で、生活のゆとりが格段に上がるでしょう。

 

MR花子
MRの年収ってホントに高いのね。
でもなんでそんなにMRの年収は高いの?

それではここからは「MRの年収はなぜ高いか?」について解説していきますね。

 

MRの年収はなぜ高い?

MRの年収が高い理由に次の3つがあげられます。

MRの年収が高い理由

  1. 製薬会社は利益率が高い
  2. MRは手当が充実している
  3. 賞与(ボーナス)が高い

それでは順番に見ていきましょう!

 

製薬会社は利益率が高い(MRの年収が高い理由1)

MRの年収が高い理由の一つに“製薬会社の利益率が高い” ということがあげられます。

製薬会社の営業利益率は、だいたい15%前後です。

これに比べて同じ医薬品業界の“医薬品卸”の営業利益率は1%~2%・・・。

つまり製薬会社はそれだけ儲かっているということですね。

製薬会社は利益率が高い!

 

MRは手当が充実している(MRの年収が高い理由2)

MRの年収が高いもう一つの理由に“手当が充実している” というのがあります。

毎月の基本給は他の業種に比べて若干高いぐらいですが、じつはMRに支給される手当がけっこう大きいんです。

製薬会社によって手当の種類や名称が異なるけど、実際に次のような手当がもらえますよ。

MRに支給される手当

  1. 営業手当
  2. 外勤手当
  3. 出張手当
  4. 残業手当
  5. 住宅手当
  6. 家族手当
  7. 転勤手当

これらの手当について順番に見ていきましょう!

 

MRの手当て1営業手当

営業手当は、MRであれば誰でも支給される“営業職のための手当”です。

大手の製薬会社なら約6~8万円/月。

中小の製薬会社なら約4~6万円/月。

営業手当はMRならばベースとして支給される給与です。

なので月間の外勤日数が何日間であっても基本的な手当てとしてもらえます。

MRはみなし労働で残業代が出ないから、みなし残業代としての手当とも言われます。

 

MRの手当て2外勤手当

外勤手当は営業手当とは別で、1日外勤するたびにもらえる“日当“です。

営業で外勤するとだいたい1日2,000円~4,000円がもらえます。

会社によっては「外勤時間が4時間以上」で支給するとか規定がありますね。

外勤手当

仮に1日3,000円の外勤手当なら、ひと月18日間外勤した場合・・・

54,000円/月が給与にオンされる計算!

しかも外勤手当は非課税なので所得税がかかりません!

よってこの金額は税金が引かれずにまるまる手元に残るのです。

外勤手当だけでも年収60万円以上のアップ!

 

MRの手当て3出張手当

MRは全国の市町村を営業でまわっているので、エリアによっては出張エリアを担当しているMRがいます。

出張エリアを担当している場合は、外勤手当のほかに1日につき2,000円~4,000円の出張手当が支給されることが多いです。

出張手当

仮に1日3,000円の出張手当なら、ひと月10日出張した場合・・・

30,000円/月が給与にオンされる計算!

なので出張エリアを担当しているMRは、外勤手当出張手当を合わせると・・・

外勤手当54,000円/月+出張手当30,000円/月

→ 毎月84,000円の手当がもらえる!

 

MR花子
これだけで年収が約100万年アップじゃない?!

 

MRの手当て4残業手当

MRは基本的にみなし残業だけど、残業手当がつくケースがあります。

それは次のようなケースです。

  • 平日の夜に開催される研究会や講演会
  • 土曜日に開催される研究会や講演会

この場合、残業の時給が仮に2,000円として月に10時間残業があったとしたら2万円/月の残業手当がもらえます。

 

MRの手当て5住宅手当

MRの手当の中で一番大きいのは“住宅手当”です。

MRは転勤が多いので、住宅に関する手当がとても手厚いんです。

この手当は給与にオンされる手当というよりかは、“会社が家賃を負担してくれる補助”になります。

たとえば製薬会社によっては「借り上げ社宅制度」を採用しているところがあります。

借り上げ社宅に住めば、あなたが支払う家賃の負担は1割程度です。

たとえば

家賃8万円の部屋を会社が借り上げ社宅として扱ってくれたら、あなたの負担は月8,000円ポッキリ!

実際に住宅手当が支給されるわけではないけれど、家賃に関する出費が大幅に抑えられるわけですね。

出費が抑えられる

また住宅手当はエリアによって家賃の上限が決まっていて、その上限枠の中で好きな部屋を選んで、その家賃の2割を負担するような制度です。

もしあなたが選んだ部屋の家賃が上限枠をオーバーしてる場合は、オーバーする分は自己負担。

ふつう住宅に関する出費が一番重い負担だけど、その出費が軽く済むから実際の生活レベルがあがっていくわけです。

ちなみに持ち家を買った場合も、持ち家ローン補助が毎月6~8万円支給されるところも多いですよ!

MRは転勤があるので、このような手厚い住宅手当が用意されているんですね。

 

MRの手当て6家族手当

これは結婚して扶養家族が増えることで支給される手当。

よくあるパターンは、奥さんや子供一人につき約5,000~10,000円が毎月支給されるケースです。

 

MRの手当て7転勤手当

これは転勤する時に単発で支払われます。

もちろん転勤に伴う引っ越し代はすべて会社持ちで、それとは別で支払われる手当。

転勤する際のさまざまな支度金として約10万円支払われることが多いです。

 

こんな感じでMRには手当てがたくさん!

 

賞与が高い(MRの年収が高い理由3)

製薬会社では賞与(ボーナス)が年間で2回支給されることが多いです。

そしてボーナスは1回平均100~200万円ほど!

さらにボーナスの金額は営業成績に連動するので、成績を上げればさらに高額のボーナスをもらうことが可能です。

ボーナス

また製薬会社によっては、年間2回の賞与とは別で“インセンティブ”が発生する会社があります。

売上成績がよいと規定に沿ったインセンティブがもらえるんです。

とくに外資系の製薬会社にも多いですね。

個人成績によってもらえるインセンティブなら、1回で通常の年収プラス100万円~300万円。

チーム成績なら年収プラス100万円とかです。

外資系では、グローバル本社のある国に“海外旅行“なんていうのもよくあるパターン。

また一部の外資系では、これらをすべて含めた年俸制の給与体系の会社もあります。

ボーナスもすべて含めた年俸制にして毎月12分割した額をもらうのです。

年俸額も成績重視なので大幅にアップするし、逆に営業成績が悪い人はその分年俸が下がってしまいます。

MRは賞与が高い!

 

具体的な年収事例

これまで見てきた手当や賞与をモデルケースに当てはめて、具体的な年収を見てみましょう。

MRの想定年収

この試算では32歳で年収900万円オーバーです!

30代で年収1,000万円も夢じゃないわけですね。

しかも家賃の出費が限りなく抑えられるので、実際の生活レベルはさらに上がりますよ。

MR花子
MRってホントにおいしい仕事なのね!
でもその分仕事が大変なんじゃないの?

それではつづいてMRの仕事について見ていきましょう。

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

MRってどんな仕事?本当に激務なの?

MRは激務なのか

MRの仕事

MRは医薬品を正しく使うための情報を医療機関に届けるのが仕事です。

そのためには医薬品に関するいろいろな病気や治療の知識を勉強しなければいけません。

といってもやっていることは“営業”で、売上計画の目標があって、その達成率で評価されます。

勉強するだけでなく営業としてのスキルも身につける必要があるんです。

 

MRになるためには

製薬会社に転職してMR職につけば、誰でもMRになれます。

ただMRには認定制度があって、MR認定試験が年に1回あります。

MR認定試験はあくまでもMRとしてふさわしい知識があるということを認定するだけの試験。

でも多くの製薬会社はMR認定試験の合格を義務付けているのが現状です。

 

MRは激務なのか?

MRは激務かどうかと言われると微妙なところですね。

ただ“MRはしんどい”という人の理由は次の3つです。

MRのしんどさ

  1. 拘束される時間が長い
  2. 医師に振り回される
  3. 売上計画はけっこうきつい

でもその反面・・・“MRはそんなにしんどくない“という人もけっこう多いですよ。

 

じゃあMRは楽なのか??

どちらかというと他の営業職と比べたら、MRは楽なほうじゃないでしょうか。

“MRは楽だ”という人の理由をあげてみました。

MRは楽だ!

  1. 医師の都合で面談するので、逆に空き時間が多い
  2. 営業職の割には有給休暇を取りやすい
  3. 大型連休での長期休暇も取りやすい
  4. 優れた新薬の場合、製品力で売れることがある

同じMRという仕事でも、その人の感じ方でしんどさが変わってくるということですね。

 

MRのキャリアアップ

最後にMRのキャリアアップについて紹介します。

 

MRとしてキャリアアップしていく

MRとして出世していく場合は、一般的につぎのような感じです。

MR→係長→課長→所長→支店長

おそらくどこの製薬会社でも、普通にしていれば課長まではなれるでしょう。

がんばれば所長にもなれます。

ただ支店長になるのは実力だけでなく、運や社内政治も必要なので、多くのMRは所長止まりです。

 

MRのさらに上流職にキャリアアップしていく

現場のMRとしてキャリアアップしていく道もありますが、さらに上流職として進んでいくパターンもあります。

ポイント

  1. プロダクトマネージャー
    製品の売り上げを最大化するために販売戦略を練る担当者
  2. マーケティング
    競合他社からシェアを奪うために戦略を練る担当者
  3. 学術担当
    製品の学術的な戦略を練る担当者

これらの道に進むと同世代のMRより年収がさらにアップするでしょう!

MRの仕事について、もっとガチで知りたい方はこちら↓↓↓

オススメ!
MRの仕事内容と1日の仕事の流れを徹底解説
MRの仕事は激務?現場MRの1日の流れを徹底解説!

「MRの仕事ってどんな内容なの?」 「MRの人ってどんな1日を送っているの?」 「MRの仕事に興味があるんだけど、業界のことがよくわからない・・・」   MRの仕事は“医薬品の営業”ってこと ...

続きを見る

 

まとめ

まとめ

MRの年収について具体的に解説してきました。

国内の大手製薬会社の平均年収は1,000万円以上です。

この数字を見れば、明らかに“MRの年収は高い” ということが言えますね。

また生涯に渡って出費の多い「住宅」に関する補助が手厚いので、MRは出費も抑えることができます。

ゴールデンウィークや夏季休暇、年末年始の10連休はMRなら当たり前。

はっきり言って「こんなにおいしい仕事はない!」と言えるでしょう。

実際に異業種からMRに転職してきたまわりのMRは口をそろえてこう言います。

「MRに転職して本当によかった!」

「あのまま転職していなかったらヤバかった!」

あなたが今よりも年収を上げたいと考えているのなら、その解説策のひとつにMRへの転職があります!

 

製薬会社のランキング各社の将来性を知りたい方はこちら↓↓↓

必見!
製薬会社のランキング
2018年の製薬会社ランキング!MR転職に失敗したくないあなたへ

「MRに興味があるんだけど、製薬会社のランキングってどうなっているんだろう?」 「MRへの転職を考える前に、どこの製薬会社がいいのか知っておきたいな・・・」 「いったいどこの製薬会社が、将来性が高いん ...

続きを見る

 

記事下リクルートエージェントの詳細へ

 

もしもいまの仕事に悩みがあるなら

「いまの仕事がくだらなくて、マジでつまらない!」

「給料が安すぎる!年収をもっとアップさせたい!」

「いまの営業では何もスキルが身につかない!」

あなたはいまの仕事に“悩みや不満”をかかえていませんか?

いまの環境にいるかぎり、おそらく来月も来年も・・・

その悩みや不満が消えることはありません!

むしろ悩みや不満は日に日に大きくなっていくことの方が多いですよね。

「いまの仕事をこの先もつづけたくない!」

そんな不満は“転職すること”で解決することがあります。

そして転職を成功させるためには、“転職エージェント”への登録は必須です!

転職エージェントは間違いなく、あなたの転職活動を有利に導いてくれます。

僕はいままで4回の転職活動で10社以上の転職エージェントに登録してきました。

その体験からガチでイチオシの転職エージェントは・・・

たったの1つ!

それは業界最大手のリクルートエージェント。

あなたがMRに転職するならリクルートエージェントに登録するのが一番の近道です。

実績No.1
リクルートエージェント
リクルートエージェントでMRに転職して笑顔の自分を取り戻そう!

「転職エージェントはいったいどこを使ったらいいんだろう?」 「やっぱり転職はリクルート系がいいって聞いたけどホント?」 「MRへ転職する場合もリクルートエージェントがいいのかな?」 あなたはこのような ...

続きを見る

あなたも20代のうちにMRに転職して、30代で年収1,000万円を手に入れよう!

業界実績No.1のリクルートエージェントの登録はこちら!

無料で今すぐ登録!

※ 職務経歴書や履歴書がなくても登録OK!

 

  • この記事を書いた人
MR太郎

MR太郎

新卒で就職した会社は100名ぐらいの中小企業で、超安月給のダメ営業マンでした。 その後、製薬会社に転職してMRになったら年収が一気にアップ。 とくに営業成績がよいわけではなく、目立った実績もないのに、わずか33歳で年収1,000万円プレーヤー。 詳しいプロフィールはこちら

よく読まれている人気記事

MRの年収はなぜ高い 1

「MRの年収って、めっちゃ高いって聞いたんだけど!」 「30代でもMRなら年収1000万円ってホント?」 「なんでMRの年収はそんなに高いの??」   はい、そうなんです。 MRの年収ってか ...

MRの将来性 2

「MRの数って、最近減ってきてるって聞いたけどホント?」 「インターネットによる情報提供が増えて、MRは将来無くなっちゃうの!?」 「MRへの転職に興味があるんだけど、10年後や20年後の将来が不安で ...

製薬会社のランキング 3

「MRに興味があるんだけど、製薬会社のランキングってどうなっているんだろう?」 「MRへの転職を考える前に、どこの製薬会社がいいのか知っておきたいな・・・」 「いったいどこの製薬会社が、将来性が高いん ...

MRの仕事内容と1日の仕事の流れを徹底解説 4

「MRの仕事ってどんな内容なの?」 「MRの人ってどんな1日を送っているの?」 「MRの仕事に興味があるんだけど、業界のことがよくわからない・・・」   MRの仕事は“医薬品の営業”ってこと ...

MR資格の取り方と認定試験の難易度 5

「MR資格ってどんな試験なの?難しいの?」 「MR資格を受けるのに受験資格は?」 「MR資格を取ると転職に有利ってホント?」 MR未経験者の場合、“MR資格”がどんなものなのか、よくわからないことがあ ...

-MRの年収

Copyright© やさしいMR転職 , 2020 All Rights Reserved.