20代でMRに転職して30代で年収1,000万円と笑顔を手に入れよう!

やさしいMR転職

MRをやめたくなったら

薬剤師のMRが調剤薬局に転職するためのおすすめ転職サイト

投稿日:2018年4月1日 更新日:

調剤薬局おすすめ転職サイト

MRを辞めて、薬剤師の免許を活かして調剤薬局への転職を検討しているあなたのために、薬剤師専門のおすすめ転職サイトを紹介します。

調剤薬局へ転職する場合は、通常の企業向けの転職サイトではなく、薬剤師専門の転職サイトを活用してください。

薬剤師専門の転職サイトは、全国各地の薬剤師の求人案件を網羅していて、調剤薬局の勤務条件や労働環境などの詳しい情報も持っているところがあります。

あなたがMRを辞めた後、調剤薬局に転職して後悔しないためにも、失敗のない転職サイトを選んでくださいね。

おすすめできる薬剤師の転職サイトは、

  • より多くの調剤薬局の求人案件を持っている
  • 薬剤師の転職サイトの中では知名度が高くて大手である
  • 転職の際にいろいろと転職支援サービスが充実している

という3つの条件が揃った転職サイトです。

これらの条件を満たした薬剤師の転職サイトを紹介しますので参考にしてくださいね。

 

薬剤師のための転職サイトを利用するメリット

転職サイトを利用するメリット

あなたがMRを辞めて、薬剤師の免許を活かして調剤薬局に転職するならば、薬剤師専門の転職サイトを利用することをおすすめします。

MRの場合、仕事で訪問する調剤薬局はたくさんありますが、自分が転職する場合の薬局の求人案件は別物です。

あなたが一人で、調剤薬局の求人案件を手探りで一つずつ探し出すのは、かなりの労力がかかります。

あなたの薬剤師の同級生や、周りのコネクションからの情報収集では限界がありますよね。

また、いまMRとして地方に転勤している場合、

「地元に戻って調剤薬局に勤務したい」

というケースも多いはずです。

こんな場合でも、今住んでいる地方に在籍していながら、転職したいエリアの地元の薬剤師の求人情報が手に入るので「薬剤師専門の転職サイト」はありがたい存在です。

さらに、MRを辞めて調剤薬局に転職する場合、製薬企業から「小さな調剤薬局」に職場が移ることになるので、いろいろな不安が出てきます。

そんな場合でも「MRから調剤薬局に転職する場合のアドバイス」をもらえたり、「調剤未経験から調剤薬局に転職すること」に関する相談に乗ってくれたりすることもできます。

あなたが、薬学部を卒業してMRとして製薬企業に入社して、

  • 調剤業務は未経験
  • 初めての調剤薬局への転職

の場合でも、しっかりと親身になって求人案件を紹介してくれるので、薬剤師専門の転職サイトへ登録することは、あなたにとって大きなメリットがあります。

 

薬剤師専門の転職サイトの特徴

たくさんの求人案件がある

たくさんの求人案件がある

薬剤師専門の転職サイトには、調剤薬局に関するたくさんの求人案件があります。

自分一人では絶対に探すことができないほど多くの量の求人案件です。

全国のありとあらゆる調剤薬局の膨大な数の求人案件を取りそろえているのが特徴です。

あなたが調剤薬局に転職する際、

「もっと良い調剤薬局に転職すれば良かった・・・」

と後悔しないための一番の得策は、「少しでも多くの求人案件情報を確認する」ということですよね。

  • あなたの希望の勤務条件に合うか
  • 産休制度や育休制度の条件はどうか
  • 有給休暇が取りやすいか
  • 子供がいる場合の配慮はどうか

などのいろいろな勤務条件と照らし合わせながら、よりたくさんの求人案件の情報を手に入れるのが、調剤薬局への転職を成功に導くポイントですね。

MR太郎
これらの非公開の情報量をあなた一人で探し出すのはほぼ不可能なので、転職サイトへ登録するのが賢い転職方法です。

 

全国の求人案件を網羅している

全国を網羅している

薬剤師専門の転職サイトの場合、全国の地元に根づいた調剤薬局の求人案件の情報を網羅しています。

東京や大阪などの都心部に限らず、全国の都道府県の「人手を必要としている調剤薬局」の求人案件が集まってきています。

ですので、MRのように会社から転勤を命令されて住む場所が決まるのではなく、あなたが住みたい場所を先に決めて、転職したい調剤薬局を選ぶことができます。

あなたが住む場所を中心にして、いろいろな条件を検討することができるのです。

  • 家から近くが良い
  • 駅から近くが良い
  • 自転車で通える範囲が良い
  • 地方なら車で〇分以内で通えるのが良い

というような感じで、あなたの居住エリアを中心に職場を選ぶことができます。

薬剤師専門の転職サイトに登録すれば、あなたの職場選びの可能性が一気に広がるのです。

 

様々な調剤薬局の情報に詳しい

情報に詳しい

MRから調剤薬局に転職する場合、

「薬局で調剤業務をする」

というのは分かっていても、具体的な調剤薬局での実務体系はよく分からないのが正直なところ。

薬学部時代に実地研修があったとはいえ、長年MRをやっていると忘れているところがあったり、いろいろな不安な点も多いはずです。

調剤薬局に転職する際の不安な点

  • 調剤経験がなくても大丈夫か?
  • 実際にMRから調剤薬局に転職してうまくいっているか?
  • 調剤業務研修制度は充実しているか?

など、いろいろと知りたい情報もありますよね。

そんな場合でも、薬剤師専門の転職サイトなら、あなたのいろいろな悩みや不安ごとについて、いろいろと相談に乗ってくれます。

いろいろなチェーン調剤薬局の特徴地方に根づいた調剤薬局の情報など、あなたの知りたい情報を入手することができます。

MR太郎
各調剤薬局の条件面だけでなく、残業や職場環境の情報がもらえるところもありますよ。

 

薬剤師専門の転職サイトに登録するときのポイント

登録するときのポイント

薬剤師専門の転職サイトはたくさんありますが、より転職を成功させるための「転職サイトを選ぶコツ」は次の通りです。

  1. より多くの調剤薬局の転職案件を持っている。
  2. 薬剤師の転職サイトの中では知名度が高くて大手である。
  3. 転職の際のいろいろな転職支援サービスが充実している。

とにかく、調剤薬局の求人案件をたくさん持っている知名度の高い大手の転職サイトを選ぶことが成功の秘訣です。

あなたが調剤薬局に転職する場合、通勤可能なエリアの範囲が限定されるので、当然、持っている求人案件数が多い転職サイトの方が、

「よりあなたに適した条件の求人案件」

を探し出せる可能性が高くなります。

さらに、大手の転職サイトの方が転職支援実績が多いので、スタッフやサービスが充実している傾向があります。

また、転職サイトに登録する場合は、次のように事前に転職する際の条件をある程度考えておくと、より具体的な求人案件を紹介されやすいです。

転職する際に考えておく条件の例

  • 駅から近くが良い
  • 車で通勤できるところが良い
  • 土日休みが良い
  • 有給休暇が取りやすいところが良い
  • 実家の近くが良い
  • チェーン調剤薬局が良い
  • 残業が少なめの所が良い

などのあなたが希望する条件をいくつか考えておきましょう。

さらに、希望年収や時給面での条件「引っ越し代は負担してくれるのか」など、金銭的な条件や希望を持っておくと、転職活動がスムーズに進みます。

 

おすすめの薬剤師専門転職サイト

おすすめの転職サイト

MRから調剤薬局に転職をする場合に、失敗しない転職サイト選びの条件を以下の通り3つあげてきました。

  1. より多くの調剤薬局の転職案件を持っている。
  2. 薬剤師の転職サイトの中では知名度が高くて大手である。
  3. 転職の際にいろいろと転職支援サービスが充実している。

この3つの条件を満たしている薬剤師専門の転職サイトのベスト3を紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ここで紹介する転職サイトは、薬剤師の免許がある方だけが登録対象なのでご注意ください。

 

第1位:薬キャリ

薬キャリバナー

薬キャリ おすすめのポイント

  1. 業界最大級の3万件以上の求人案件情報数!
  2. 転職希望登録者数ナンバーワン!
  3. 日本最大級の薬剤師専門転職ポータルサイト

MRを辞めて、薬剤師の免許を活かして調剤薬局に転職するならば、まずは「薬キャリ」から登録することをオススメします。

薬キャリは、日本最大級の「薬剤師専門転職ポータルサイト」で、取り扱っている求人案件数がハンパなく多いです。

年間の転職希望登録者数も「薬剤師専門の転職サイト19社の中でナンバーワン」の実績があり、それだけ多くの利用者が満足しているという証になります。

転職サイトを運営している会社も、MRならよくご存知の「エムスリー」グループの会社です。

求人案件数も多く、あなたが登録してからの対応も早いので、あなたの転職活動を有利に進めることができますよ!

薬キャリの特徴

  • 薬キャリに登録したら、最大10件の求人案件を最短即日でお届け
  • 地域専任のキャリアコンサルタントが大手チェーン薬局から地域密着型薬局までを網羅
  • 紹介だけでなく薬剤師の派遣登録も可能

あなたが調剤薬局に転職する際の希望の条件を踏まえた上で、あなたにぴったりの厳選した求人案件を紹介してくれます。

転職する際の希望条件を登録すれば、「薬キャリ」が条件にあった通勤30分圏内のすべての調剤薬局や病院の求人案件を確認し、好条件のものを紹介してくれるシステムです。

もちろん、非公開の求人案件情報もたくさんあり、非公開ならではの条件の良い求人案件もたくさんあります。

「どこの薬剤師専門の転職サイトに登録したら良いのかよく分からない」

と、もしもあなたが悩んでいるならば、とりあえず「薬キャリ」に登録しておけば失敗することはありませんので安心してください。

薬キャリの登録はこちら!

 

第2位:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師バナー

マイナビ薬剤師 おすすめのポイント

  1. 誰もが知っているあのマイナビが運営する薬剤師のための転職支援サービス
  2. 5年連続で「利用者満足度No.1」の評価
  3. 首都圏や関西圏、北海道から沖縄まで全国の都道府県の求人をカバー

2番目におすすめする薬剤師専門の転職サイトは「マイナビ薬剤師」です。

テレビのCMでもおなじみのマイナビが運営する薬剤師に特化した転職支援サービスです。

今回紹介する3つの転職サイトの中では、一番有名な転職サイトなので、「知名度で選ぶ」という場合は、迷わず「マイナビ薬剤師」をおすすめします。

楽天リサーチ による「薬剤師の転職支援サービス主要15ブランドにおける利用調査」(2017年10月実施)では、5年連続で「利用者満足度No.1」の評価です。

それだけ利用者が満足できるようなサービスに徹底的にこだわっています。

MRから調剤薬局へ転職する際も、親身な応対で相談に乗ってくれるので、常に利用満足度が高く、 選ばれ続けるサービスとして長年の実績があります。

マイナビ薬剤師の特徴

  • 一人あたりに紹介する平均紹介求人数は 約22件
  • 採用を実施する薬局や病院に対して深いヒアリングを行い、現場の様子をしっかりと確認
  • 全国の薬局を地域情報込みでシステム化して、モレのない求人紹介と 幅広い可能性を提示

大手のマイナビだけに、全国各都道府県をカバーして47,000件以上の求人を保有しているため、平均紹介求人数は一人あたり約22件という驚きの紹介案件数!

これだけ多くの案件が紹介されれば、あなたの希望にぴったりと合った調剤薬局を探し出すことが可能になりますよね。

求人案件については、勤務条件の情報だけでなく、現場の薬剤師さんからもしっかり現場の状況を聞いた上で、人間関係、残業やキャリアアップの状況も丁寧に説明してくれます。

こういった生の情報は、初めて調剤薬局に転職する場合において、とても貴重な情報です。

さらに、マイナビ薬剤師では、独自で開発した求人管理システムを使って、全国の求人情報、評判、雰囲気まで一元管理し、地理情報も連動しているので、家チカ、駅チカなどの求人もスピーディに紹介できるのです。

マイナビは、人材関連サービスを40年以上に渡って提供してきた実績があるので、とにかく実績のある安心の転職サイトを利用したいというあなたには「マイナビ薬剤師」をオススメします。

マイナビ薬剤師の登録はこちら!

 

第3位:ファルマスタッフ

ファルマスタッフバナー

ファルマスタッフ おすすめのポイント

  1. 東証一部上場の大手調剤チェーン日本調剤グループが運営している転職サイト
  2. 登録した薬剤師の転職成功率はなんと90%超の実績
  3. 薬剤師に特化した転職支援20年の実績

ファルマスタッフは、チェーン調剤薬局では最大手の「日本調剤グループ」が運営する転職サイトです。

「日本調剤グループ」と言えば、薬剤師で知らない人はいないですよね。

全国に調剤薬局を展開している日本調剤グループが運営している転職サイトなので、薬剤師に関する様々な情報が充実していて、登録した薬剤師の転職成功率が90%以上というのは驚きの実績です。

また、薬剤師に特化した転職支援サービスとして20年間の実績があるので、求人募集側の企業からも信頼を置かれているのがおすすめのポイントです。

ファルマスタッフの特徴

  • 1つ1つの調剤薬局にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問して 職場の状況を具体的にヒアリング
  • 日本調剤のノウハウが投入された独自の教育制度が充実
  • 面接の事前対策から面接同行サービスも実施可能

ファルマスタッフでは、キャリアコンサルタントが調剤薬局に直接訪問して、 職場の状況を具体的にヒアリングしています。

ですので、求人案件に出てくる調剤薬局の情報がとても濃いのが特徴です。

  • 職場の雰囲気
  • 経営状況
  • 残業などの忙しさ

というようなデメリットな情報についても、現場の声をしっかりと情報提供してくれます。

また、ファルマスタッフに登録すると、日本調剤監修のもと作成した「保険調剤テキスト」をもらうことができます。

  • 医療保険制度や調剤報酬の仕組み
  • 処方せんの読み方
  • 調剤過誤防止のための注意点
  • 服薬指導時のポイントなど

幅広い情報を集約したテキストなので、MRから調剤薬局へ転職する際に役に立つはずです。

面接当日の同行サービスもやっているので、調剤薬局での慣れない面接も安心ですね。

ファルマスタッフは、日本調剤グループが運営しているからこその「薬剤師へのきめ細かな配慮」があります。

MRを辞めて初めて調剤薬局に転職するので、「安心して転職活動を進めたい」という場合は「ファルマスタッフ」をおすすめします。

ファルマスタッフの登録はこちら!

 

  • この記事を書いた人
MR太郎

MR太郎

新卒で就職した会社は100名ぐらいの中小企業で、超安月給のダメ営業マンでした。 その後、製薬会社に転職してMRになったら年収が一気にアップ。 とくに営業成績がよいわけではなく、目立った実績もないのに、わずか33歳で年収1,000万円プレーヤー。 詳しいプロフィールはこちら

よく読まれている人気記事

MRの年収はなぜ高い 1

「MRの年収って、めっちゃ高いって聞いたんだけど!」 「30代でもMRなら年収1000万円ってホント?」 「なんでMRの年収はそんなに高いの??」   はい、そうなんです。 MRの年収ってか ...

MRの将来性 2

「MRの数って、最近減ってきてるって聞いたけどホント?」 「インターネットによる情報提供が増えて、MRは将来無くなっちゃうの!?」 「MRへの転職に興味があるんだけど、10年後や20年後の将来が不安で ...

製薬会社のランキング 3

「MRに興味があるんだけど、製薬会社のランキングってどうなっているんだろう?」 「MRへの転職を考える前に、どこの製薬会社がいいのか知っておきたいな・・・」 「いったいどこの製薬会社が、将来性が高いん ...

MRの仕事内容と1日の仕事の流れを徹底解説 4

「MRの仕事ってどんな内容なの?」 「MRの人ってどんな1日を送っているの?」 「MRの仕事に興味があるんだけど、業界のことがよくわからない・・・」   MRの仕事は“医薬品の営業”ってこと ...

MR資格の取り方と認定試験の難易度 5

「MR資格ってどんな試験なの?難しいの?」 「MR資格を受けるのに受験資格は?」 「MR資格を取ると転職に有利ってホント?」 MR未経験者の場合、“MR資格”がどんなものなのか、よくわからないことがあ ...

-MRをやめたくなったら

Copyright© やさしいMR転職 , 2020 All Rights Reserved.